この前L子様のこちらの記事を読ませていただいてから必死にONE PIECEを読み返しています。

僕がまだ小学生のときに連載開始してから大人になるまでずっと読んでたけど、2年後に再会して魚人島行った辺りから仕事が忙し過ぎて全然読んでなかったので、たまにジャンプ立ち読みしたり日曜の朝のテレビをぼーっと見たりしても流れがよく分からなかったんですよね。

いい社会人が3年ぶりくらいにネットカフェに入り浸ってます。

はたから見れば仕事サボってるかリストラされたサラリーマンみたいな感じか?

すごい楽しいけど。

 

 

さて、唐突にカメラの話です。

旅荷物の中でバッグと同じくらい悩む話だと思います。

僕にとっても最大の課題でした。

 

 

1.デジタル一眼レフ

でかいけど勢いで持って行きます。

 

NIKON D5500

NIKON D5500

これは初心者向けのファミリー一眼レフとして人気で、カメラ詳しくなくても操作しやすいです。

世界一周とか意識せず、何となく一眼欲しいなーって思って買ったやつです。

しばらく使ってたのでそのまま持って行きます。

 

自分的には写真にすごいこだわりがある訳じゃないですが、やっぱり一眼レフの画像の美しさは圧倒的。

こんな初心者用一眼でもなんだかんだ綺麗な風景写真が撮れます。

なお、旅中どうしても邪魔で嫌になったら、売っぱらうか誰かにあげるか海に投げ捨てます。

 

NIKON D5500

これはデジ一だけどコンパクトなんですよ、右のiPhone SEと比べてもいい感じのサイズだと思います。(装着しているのは単焦点レンズ)

ミラーレスの波に乗れなかった僕にはこれで十分でございます。

 

NIKON D5500

ということで

単焦点レンズ+18〜270mmの万能レンズ+念のためミニ三脚

のセットで決まりです。

 

 

 

 

 

※何となく広告リンク貼ってますが、価格水準を分かりやすくするためです。

カメラ系は絶対お店で現物を触ってから買ってください。

 

2.スマートフォン

世界を変えたiPhoneでございます。

 

14-07-2016_iPhoneSE_010

普段撮る写真って、たぶんiPhoneで十分なんですよ。

高画質な画像って容量すごいし、ブログとかにアップロードするとき結局圧縮することになったりしますし。

 

iPhoneをなめないでください。

 

そう、iPhoneならできる。

 

以下ご参照

ウブドを散策しながら考えたカメラの話(過去の旅シリーズ)
2016年のGWにインドネシアに旅練習に行った時の記事No.8です。 (これで最後です。) 深夜にバリ島のウブドの宿に到着して、...

 

3.アクションカム

世界中のアウトドア系リア充がこぞって持っているお馴染みのあのアクションカムです。

 

GoPro HERO4 SILVER EDITION

12-09-2016_camera_001

こちらも特に世界一周とかは意識せずに昨年買ったものです。

最初は登山とかスポーツとかしてるときにいい画が撮れないかと思ってたんですが、練習しないと結構難しいですね。

映像がめちゃめちゃブレます。

 

しかしGoProはいろんなアクセサリーが売っていて、組み合わせるのが楽しいですが、何買えばいいか迷います。

とりあえず僕は自撮り棒とベルトとかにはさめるクリップを買っておきました。

 

 

 

 

なお、4K動画が撮れるGoProを買おうとして悩むのが黒(Black Edition)にするか銀(Silver Edition)にするかという点です。

それぞれの特徴は検索すれば情報がたくさん出てきますので省略しますが、簡単にいえば、とにかく超高画質なのがBlackで、Blackほどじゃないけど液晶パネルが本体に付属していてデジカメみたいに使えるのがSilverです。

 

僕は液晶パネルがあった方がいいんじゃないか?(Blackは別売り)ということで、Silverにしておきました。

 

そして僕はこのGoProを最初置いて行こうかと思ってたんですが、以下の目的で有効活用できそうなので持って行きます。

  • 水中で写真・動画を撮りたいとき
  • 広角レンズで写真を撮りたいとき

 

1つ目はGoProの特徴で、防水・防塵。

プロテクターも充実しています。

2つ目もかなり重要です。

GoProは超広角レンズ(約170度)なんですよ。

 

旅立ちに当たって一眼レフの広角レンズを買おうかと思ってたんですが、いやいやGoProがあるじゃんと思い、これをカメラ代わりに使おうと思いました。

山とかで試しましたが、なかなかいい感じにパラノマ写真が撮影できます。

 

4.ハンディカム

今回の旅の最重要アイテムです。

 

SONY ハンディカム HDR-CX675

12-09-2016_camera_005

僕の旅のテーマの1つですが、動画を撮って、編集して、配信する予定です。

それも普通の街歩きとか中心で、できる限りリアルな感じのもの。

ブログの記事とかよりもこっちをメインに考えていますので、常に持ち歩くアイテムになります。

 

そうすると、小型・軽量・高性能なのは当然として、何より手ブレ補正機能が重要と考えました。

で、最終的にソニーさんのハンディカムに辿り着いたのです。

これは新空間光学手ブレ補正という、何かの超兵器のような、現在最高クラスの手ブレ補正技術が使われています。

家電屋に行けばだいたい置いてあるので見てみてください、おもしろいです。

カメラを振り回してもレンズがおもしろくらいブレを調整してくれます。

 

12-09-2016_camera_006

お馴染みのiPhone SEと比べてもコンパクトですよね。

 

また、これより高画質なものが撮れるタイプもありますが、旅中の環境で4K動画編集してyoutubeにアップなんてとてもじゃないけど無理なので、そもそも画質は落として撮影します。

 

 

5.使い分けは?

まとめですが、これら四天王を以下のように使い分けます。

 

  • 常に持ち歩くメインカメラ

ハンディカム

  • ブログとかに載せる何気ない写真

スマホ

  • 絶景など「これは」と思ったシャッターチャンス

デジタル一眼レフ

  • 水中動画や風景の広角写真を撮りたいとき

GoPro

 

一眼レフとGoProは出番少ないかもしれません。

全部割とコンパクトなんで思ったよりスペースとらない感じです。

 

旅に出ると決意して約1年くらい、悩みに悩みましたが、これにてファイナルアンサーです。