一応、情報系ブログなので、今更ながら宿情報記事を書いていこうと思います。

まずは直近のスリランカから。

 

スリランカは、宿代が高い割に快適な宿が少ないらしいです。

下手に安い宿泊まるとめちゃめちゃ汚かったり、Wi-Fiが使えなかったりするとのこと。

そこで、僕が今回宿泊した宿を紹介しますので、参考にしてみてください。

 


宿の質は、

  • 料金:質と値段が見合っているか
  • 立地:駅やバスターミナルから近いか
  • 清潔さ:よく掃除されているか
  • 設備:エアコン・ファンの有無、シャワーはホットか水か、バスタオル付きか等
  • 共有スペース:広くて使いやすいか
  • Wi-Fi:速さ、部屋まで届くか等

をそれぞれ5段階で評価しています。


 

スリランカでは、全体的に予約した方が安そうだったので、基本的にAgodaを使いました。

 

 

コロンボ:Clock Inn Colombo

フォート駅から南へ下った、ビーチ沿いにあります。

フォート駅前から101番バスに乗って、British Councilというバス停で降りれば、歩いてすぐです。

インドビザセンターにも近く、また近くにはマジェスティック・シティという大きめのショッピングモールもあります。

 

【2017年1月】インドビザは金さえ払えばコロンボで超簡単に取得できる[スリランカ8]
さて、このタイミングで僕がスリランカに来た最大の目的は、インドビザを入手すること。 この記事では、2017年1月にスリランカのコロ...

参考記事

 

まず共用スペースが広くて快適。

空港で一夜過ごした後、朝早い時間帯に来たんですが、ロビーでしばらく仮眠させてもらいました。

 

インターネットが使えるPCもあります。

 

旅行者が置いていったガイドブックなども充実。

 

カップ麺やスナックも売ってます。

 

部屋もシャワールームも綺麗です。

ドミトリーには、かなり大きめのロッカーもあります。

 

そしてコーヒーと紅茶が飲み放題。

お湯も沸かせるので、自分で何かつくることもできます。

 

最大のウリは宿泊費込みの朝食。

卵系の料理を1品頼んだら、後はトーストにフルーツに食べ放題。

こんだけ大量に食えば、食費をかなり浮かせることができます。

 

駅やバスターミナルからはちょっと離れてますが、かなり気に入ったので、スリランカ到着時と出発するタイミングでコロンボに寄った際は必ず利用していました。

 

料金:★★★(ドミトリー1泊1,590ルピー(約1,195円))

立地:★★

清潔さ:★★★★

設備:★★★★★(エアコン・ホットシャワー・バスタオル)

共有スペース:★★★★★(広いし綺麗)

Wi-Fi:★★★★(アカウント発行タイプで有効期限有り)

総合オススメ度:★★★★

Webサイト:Agoda予約ページ

 

キャンディ:Clock Inn Kandy

コロンボで気に入ったので、キャンデイでもClock innにしました。

やっぱり綺麗だし、部屋も広い。

 

共用スペースはソファーが置いてある部屋のほか、写真のような屋外ラウンジがあります。

 

当然コーヒー、紅茶飲み放題。

 

当然朝食はトースト、フルーツ盛り放題。

超快適です。

 

料金:★★★(ドミトリー1泊1,570ルピー(約1,180円))

立地:★★

清潔さ:★★★★

設備:★★★★★(エアコン・ホットシャワー・バスタオル)

共有スペース:★★★★★(広いし綺麗)

Wi-Fi:★★★★(アカウント発行タイプで有効期限有り)

総合オススメ度:★★★★

Agoda予約ページ

 

ダンブッラ:Sujatha Tourist Rest

割と評判が良かったこの宿。

部屋は広くて清潔です。

部屋はファンのみで、ベッドには蚊帳付き。

ただし、たまに断水します。

 

この中庭に面したバルコニーがいい感じです。

 

本当に敷地が広いです。

写真はレセプション。

 

ダンブッラの大通りから少し路地に入ったところにあります。

宿の前の道には、牛や野犬がいました。

(別に危なくはないです。)

 

料金:★★(ダブル1泊2,400ルピー(約1,804円))

立地:★★★★

清潔さ:★★★

設備:★★★(ファン・水シャワー・バスタオル・蚊帳)

共有スペース:★★(バルコニー広いけど虫が多い)

Wi-Fi:★★(部屋はつながりにくいし遅い)

総合オススメ度:★★★

Agoda予約ページ

 

トリンコマリー:DYKE REST

別記事でも紹介したトリンコマリー最強の宿。

玄関開けたら0分で海!

でございます。

 

非リア充でも楽しいスリランカ最強のビーチ・トリンコマリー[スリランカ5]
シーギリヤ・ロックの入場料が高くて鼻血を出したあとのつづきです。 このときはダンブッラに滞在していました。 ダンブッラは近...

参考記事

 

宿の前のプライベートビーチ的な空間。

ここで寝転んで海を眺めるのが最高です。

 

運良く空いていた2階の部屋。

エアコン付きでした。

 

2階にはバルコニーがあり、こんな絶景を目の前に紅茶をたしなむことが可能です。

宿泊費はちょっと高いですが、トリンコマリーを満喫するなら超おすすめ。

 

料金:★★(ダブル1泊3,000ルピー(約2,255円))

立地:★★

清潔さ:★★★★★

設備:★★★★(エアコンは部屋による・水シャワー・バスタオル・蚊帳)

共有スペース:★★★★(ビーチ前にくつろげるスペース有・二階にはテラス)

Wi-Fi:★★★★(部屋もつながる)

総合オススメ度:★★★★

Agoda予約ページ

 

ネガンボ:Hamilton House

すみません、写真があまり無いです。

ネガンボはビーチエリアにリゾートホテルやホームステイ風の宿が集中してますが、僕は空港近くに1泊するため、という理由だったのでバスターミナル近くのここにしました。

オーナーさんが日本で働いていたことがあるらしく、やたらフレンドリーでした。

部屋は広くて清潔で、ファンです。

Wi-Fiは共有スペースだと結構速かったです。

 

料金:★★★★(ドミトリー1泊1,400ルピー(約977円)※)

立地:★★★★

清潔さ:★★★

設備:★★★(ファン・ホットシャワー・バスタオル)

共有スペース:★★★(広いけど川の隣なので蚊が多い)

Wi-Fi:★★(共有スペースのみ)

総合オススメ度:★★★

Agoda予約ページ

※ドミトリーで予約したものの、改装中で同じ料金でダブルに泊まらせてくれた。

 

 

こうして振り返ってみると、スリランカの宿にある程度の快適さを求めると、それなりに高くなってしまいます。

ちなみにスリランカの宿は、宿泊料と別にサービス料みたいなのがチャージされるので、予約サイトなどに掲載されている見た目の値段よりも、実際に払うお金が若干高くなってしまったりますので、ご注意ください。