アイスランド周遊で訪れたスポットを紹介しています。

今回は最後、南エリアのご紹介。

 

<参考記事>

【光の島のレンタカー周遊の旅】ワクワク準備編[アイスランド]
ゴーザンダイイン! リアルタイムではアイスランドをワイルドにレンタカーで一周してました。 そして本日それが終了! ヨーロ...

↑準備編

 

カテゴリ:アイスランド一覧

↑アイスランドの記事一覧

 

<簡易マップ>

僕らはレイキャヴィークから時計回りで周遊したので、最後に訪れたエリアでした。

 

 

1.大迫力の氷河

ヨークルスアゥルロゥン(Jökulsárlón)

島の南東にあるヘプン(Höfn)という町の西にある巨大な氷河。

ちなみにヘプンの前後には町がほぼ存在しないので、食料やガソリンの調達に関して気をつけてください。

 

ここはアイスランド随一の観光地にもなっていて大勢の観光客が訪れています。

僕は氷河を見たのは初めてだったのでその迫力にびっくり。

氷河をよく見ていると、アザラシが泳いでいたり・・・

ボートによる氷河ツアーも開催されています。

 

氷河の氷でコーヒーをつくってみたり・・・

 

よく分からない氷河ラーメンをつくってみたりと・・・

周囲の人からは変な目でジロジロ見られました。笑

 

そして海沿いへ行くと、ダイヤモンドビートと呼ばれる海岸があり、大きな氷の塊に波が打ち付けている迫力のある様子を見ることができます。

アイスランドは天候が不安定で強風が吹く日も多く、ときおりかなり高い波が押し寄せます。

 

ギリギリのところまで進んで氷にタッチして・・・

 

逃げろー!!

一斉にダッシュして逃げる!

 

こんなしょーもないことをして遊ぶのもなかなか楽しい。

 

2.日光っぽい公園

スカフタフェットル(Skaftafell)

氷河地帯から少し西にある火山と氷河が一度に見れるらしい国立公園。

 

うん、何かこう、日光っぽい感じがするね、この景色。

もう秋ですかな。

 

複数の滝が流れている美しい景勝地。

こんなビューポイントも多数。

危険なので絶対真似しないでください。(誰だお前は。)

 

30分程度歩き、奥の方まで行くとスバルティフォスというこんな大きな滝が。

削られた崖の形が印象的です。

 

3.黒いビーチと洞窟

ブラックサンドビーチ(Black Sand Beach)

スカフタフェットルからレイキャヴィークの方へひたすら戻ると現れる黒い砂地のビーチ。

 

不思議な光景であるのはよく分かるけど、このとき雨が降っており極寒。

寒くて観光に集中できない・・・笑

 

奥の方にはこんな洞窟があります。

松崎し◯るくらい黒光りしてますね。

 

晴れていればこんな美しい光景を拝めるらしいです。

やっぱり天気って大事ですねえ。

 

 

4.びしょ濡れになれる滝その1

スコガフォス(Skógafoss)

最後は滝2連発。

まずはこちらのスコガフォス。

ここは今回のアイスランド旅で訪れた、映画『LIFE(原題:The Secret Life of Walter Mitty)』の最後のロケ地。

 

駐車場からすぐ見えるところにあるます。

遠くからでもその迫力が伝わってくる。

そして水量が凄かったので、ちょっと近づくと水しぶきでびしょ濡れに。

 

ということでちょっと離れた場所から眺めていると、またもや虹様が登場しました。

今回のアイスランド旅は飽きるくらい虹を見ることができました。

 

LIFEだとこのシーンです。

ウォルターがショーンを追いかけてヒマラヤへ降り立ち、二人のガイドを雇って山を登る、その序盤のシーンですね。

 

5.びしょ濡れになれる滝その2

Seljalandsfoss(セリャントスフォス)

そしてもう1個南エリアで有名な滝。

何と滝の裏側を通ることができます。

 

滝をくぐるぞー!!

と意気込んで裏側に回り込みます。

が、この時点でもうびしょ濡れ。

 

裏側。

濡れたくない人は絶対に来ないようにしましょう。

加えて、前日まで雨が多かったせいか水量が半端じゃない。

ちなみに地面は以外にツルツルしておらず滑ったりしなかったです。

 

裏側から見る滝はとても不思議。

頭上から水が流れ落ちてくる様子をしばしの間見届けます。

 

 

さて、西、北、東、南と各エリアを紹介してきましたが、改めてアイスランド凄いですね。

どこに行っても期待を裏切らない、素晴らしい絶景が広がっている。

天候に左右されることも多いですが、雨が降ったら降ったで沈んだ気分を巨大な虹が慰めてくれる。

 

次回は適当な感じにまとめつつ、今回の旅で撮影したオーロラの写真をご紹介したいと思います。