エジプトの宿情報。

滞在したのはダハブとカイロの2箇所です。

両方とも日本人宿ですが、アフリカ縦断の起点となるこの国。

情報交換や旅仲間を集めるためにも、日本人が集まる宿に行くのはおすすめです。

 

 

ダハブ:Seven Heaven

ダハブの2大日本人宿の一つ、セブンヘブン。

ダイブショップも兼ねており、かなり安い料金でダイビングライセンスを取得することができます。

 

参考

ダハブでダイビングライセンスをバージョンアップさせてみた(アドバンスドコース)[エジプト]
こんにちは。 前回に引き続きエジプトのビーチリゾート、ダハブの記事。 ダハブは透明度が高い美しい海で、かつ世界でも格安でダ...

 

さすが世界有数のビーチリゾート、そしてバックパッカーの沈没地。

ヒッピー感が漂ってます。

 

受付は敷地入ってすぐのところ。

ドミトリーなどで貴重品が心配な方はフロントの後ろにあるセキュリティボックスを借りることができます。

ソファやベンチもあるのでゴロゴロできます。

夕方になると宿のスタッフや地元の人も集まってきてみんなで遊んでます。

 

ダイブセンター。

 

安っすいドミトリー。

2段ベッド3つの6人部屋。

はっきり言って汚い、というかボロいです。

まああんまり気にならなかったけど。

エアコンはついてるので暑さはしのげます。

ちなみにこの1階にあるドミには、Wi-Fiは届きませんでした。

 

部屋内にあるバストイレ。

海水を利用しているため、塩っぽい水が出ます。

ホットシャワーは出ませんでした。

暑いので全然気にならないですが。

あと、設備が古いので、たまにトイレがつまることがあります。

もしつまってしまったらウ◯コ出来なくなるので気をつけてください、そして他の部屋や屋外のトイレを使うなど、他の宿泊者とのチームワークで乗り切ってください。

 

いろいろ気になる方は個室を取るのもいいと思います。

最上級の個室だと冷蔵庫までついちゃってます。

 

ダハブ、というかエジプトには猫がたくさんいて、とても人懐っこいです。

ベッドでゴロゴロしていると勝手に入ってきて乗っかってきます。

猫好きとしてはこれだけでもダハブに来た甲斐がありますね。

あとセブンヘブンにはでっかい犬もいます。

 

入口付近にあるウォールアート。

みんなここでインスタ映えする写真を撮っています。

 

以前ちょっと書きましたが、セブンヘブンにはカオリさんがやっている日本食レストランがあります。

レセプション近くの階段から屋上に上がってください。

 

参考

沈没都市ダハブの街歩き・レストラン・SIMカード購入情報[エジプト]
今回はエジプト有数のビーチリゾート、ダハブの街情報。 僕がよく行ってたお気に入りのお店なんかの紹介です。 といっても、僕は1...

 

レストランがあるフロアから見た海。

毎朝こんな景色を眺めながら起床できたら幸せですね。

 

ビーチ沿いの大通りに面していて、敷地から外に出るともう目の前が海です。

 

料金:★★★★★(ドミトリー1泊30ポンド(約180円))

朝食:無し

立地:★★★★★

清潔さ:★★

設備:★★

共有スペース:★★★

Wi-Fi:★

総合オススメ度:★★★★

Booking.comの予約ページ

(ドミトリーは予約不可です。)

 

とにかくエジプトで長期のバックパッカーが集まるのがこの宿。

ライセンス講習中はドミトリーに無料で泊まれます。

ダイビングやシュノーケリングをしながらみんなとワイワイしてゆったり過ごすことができます。

僕は、この後のルート(アフリカ、南米など)を一緒に旅した人ともだいたいここで仲良くなりました。

おんぼろ宿で、Wi-Fiが駄目ですが、長期旅行者は泊まっておいて損はないかと。

 

 

カイロ:Safary Hotel

こちらもカイロの有名日本人宿。

この宿があるビルには3つ日本人がよく泊まるゲストハウスが入ってますが、このサファリホテルは最上階にあります。

 

ごちゃごちゃしたバザールの中にあるぼろいビル。

このお化け屋敷のような建物の螺旋階段をひたすら登っていきます。

 

雨とか降ったらびちょびちょになりそうですね。

まあ降らないですが。

 

サファリホテルは6階にあります。

 

レセプション。

狭く、綺麗でもないですが、ゆるい感じの雰囲気。

スタッフも親切です、というかゆるいです。

ちなみにBooking.comとかだとSafary Hostel(サファリホテル)となってますが、現地行くとSafary Hotel(サファリホテル)になってます。

どっちなんでしょうかね?

ゆるいしどっちでもいいんでしょうね。

 

さすが日本人宿。

日本語の書籍がたくさんあります。

 

共有ルーム。

タバコも吸えます。

 

ドミがいっぱいだったので、僕は勢いで一人でツインルームに泊まりました。

まあ個室にしては安いし、この先の過酷なアフリカ旅であまりリラックスできることも無いかもしれなかったので。

でかい扇風機付きです。

 

キッチン。

客用ではないですが、使わせてくれました。

 

周囲は賑やかなバザール。

売店やレストランがたくさんあるので、生活に困ることは無いでしょう。

ごちゃごちゃしてるんで迷子にならないでください。

 

と、ここで1つ注意。

サファリホテルの一つ下のフロアにベニス細川というゲストハウスが入っています。

同じ日本人宿なんで知り合いが泊まっていたり宿泊者と仲良くなったりすることもあるかもしれません。

そんで階段の踊り場部分で一緒にビールを飲みながら話したりとか。

が、サファリホテルの宿泊者がベニスの前でたむろしていると、(ベニスの)スタッフに怒られます。

僕も、

二度と来るな。

くらいのことを言われました。

(もうちょっとソフトな言い方ですが。)

知ってはいたんですが、基本的に仲が悪い?ようです。

また、ベニスに泊まっていた友人の話では、宿泊者に対する態度が悪いスタッフも多いとか。

ベニスは凄く清潔で快適な宿なんですが、ルールがいろいろ厳しいようです。

どっちにするかはよく考えてください。

あと2階にあるスルタンホテルという宿は、宿泊している人の話を聞いたことがありません。

サファリとベニスに比べて、あまり人気無いのかもしれません。

 

料金:★★★★★(ツイン1泊180ポンド(約1,084円))

朝食:無し

立地:★★★

清潔さ:★★★

設備:★★★

共有スペース:★★

Wi-Fi:★★★

総合オススメ度:★★★

Booking.comの予約ページ