モンテネグロのポドゴリツァからクロアチアのドゥブロヴニクへバス移動したときの情報です。

 

まとめ

移動手段:バス

出発地:モンテネグロ・ポドゴリツァ(中央バスターミナル)

目的地:クロアチア・ドゥブロヴニク(中央バスターミナル)

料金:19.5ユーロ+荷物代1ユーロ

所要時間:約7時間半(6:00発-現地13:30着)

 

移動の様子

バスチケットはバスターミナルで簡単に買うことができます。

 

ポドゴリツァのメインバスターミナルは市街地の東側、鉄道駅のそばにあります。

 

モンテネグロの宿・ゲストハウス情報まとめ[モンテネグロ]
モンテネグロの宿情報です。 僕は、アルバニアからクロアチアへ向かう途中の中継地として、首都のポドゴリツァに1泊だけしました。 ...

↑僕が泊まったExplorer Hostel Podgoricaという宿からなら徒歩で5〜6分です。

 

ポドゴリツァは首都の割にはとても小さな街ですが、バスターミナルはきちんとしています。

僕は、到着した日に翌日のチケットを買っておきました。

 

売店、カフェ、ATMや両替所もあります。

チケット売り場は入って右側の窓口。

 

でもこの券売機で簡単に買えました。

列に並んでいたら係員さんが話しかけてきて全部操作してくれました。

英語表示にして、行き先を選択していけばチケットが出てきます。

6:00と16:00発の2便があったと思いますが、僕は夜着は嫌だったので6:00発の便を選択。

 

早起きしてバスに乗り込む。

ポドゴリツァで乗る人はほとんどいませんでした。

さて、ここで大事なことなんですが、モンテネグロ方面からドゥブロヴニクへ向かう場合、

左列の窓側の席

を陣取りましょう!

後々分かりますが、これ重要です。

 

 

その後、爆睡していましたが、モンテネグロの有名観光地、コトルという街に停車した際、たくさんのツーリストが乗り込んできました。

やっぱり観光客はアドリア海沿いの街をメインに訪れるようです。

 

11:00過ぎに国境通過。

しばらくするとドゥブロヴニク空港の前を通過し、アドリア海が見えてきます。

そして・・・

 

出たー!

魔女の宅急便の街!?

左手側に美しい青い海と赤い屋根のドゥブロヴニクの街が見えてきます。

この景色を見るためにも、バスの座席は大事なんです。

ヨーロッパの街並みが大好きな方なんかは、ここでテンションMAXになるでしょう。

 

ドゥブロヴニクのメインバスターミナルは旧市街から離れた西側地区の港付近。

だいたいどの長距離バスもここから発着すると思います。

 

ドゥブロヴニクのバスターミナルには13:30頃に到着。

宿にチェックイン後、街歩きに出られるいい感じの時間です。

 

ATM・両替所

ポドゴリツァ、ドゥブロヴニク双方のバスターミナルとも、設備は充実していて、ATMも両替所もありました。

そしてドゥブロヴニクはさすが東欧最大クラスの観光都市で、到着早々その景観の素晴らしさと盛り上がりっぷりに圧倒されると思います。